ブログ

最新記事

  • 【優しいカラーリング】

    本日のお客様はいつもニコニコ時間通りにいらっしゃるN様。
    「4月は日にちが合わなくて…」
    と、いつもより少し、長く伸びた髪でご来店くださいました。

    今日のメニューはカットとヘアマニキュア。

    カラーリングの場合、
    白髪染めのご案内が比較的多いです。
    ただ、白髪染めは人によっては刺激を感じる場合があります。

    その為、敏感肌のN様のカラーリングは
    ヘアマニキュアで施術させていただいています。

    マニキュアは優しいカラーリングです。
    白髪の部分に色付き、印象を変えてくれます。
    黒髪の部分には色は付きません。
    黒髪を明るい色に染めることは出来ません。

    その分、明るい色に染める時には避けて通れないキューティクルを傷付ける心配がありません。
    髪にも、
    地肌にも
    優しいカラーリングです。

    今回はいつもより少し明るめなブラウンでヘアマニキュアを施し、カットも短く軽くスッキリされて、
    お帰りもにこやかに帰られました。

    before写真


    after写真

  • 【温かく、軽くなる】

    定期的に来てくださっているお客様が、本日もご来店くださいました。
    今日はこれから暑くなってくる季節に向けて、今までで一番短くカットさせていただきました。
    カット前にカウンセリングさせていただいていると、入口にひょっこりお顔を出したY様。
    「どう?これから?お昼は食べたの?あなたが気になって見に来たのよ」
    と気兼ねなく会話されるお2人。
    「じゃぁあなたの分取っておくわね〜」と言い残し去っていかれました。
    「別に取っておくとかそんなんじゃないんだけどね、気にかけてくれているんだね」とM様。

    何気なく気にかけてくれる仲間や周りの人の優しい気持ちが、心をほんの少し温かくしてくれることがあります。
    何とも言えない、1人じゃ消化しきれない気持ちを、誰かと時間を共有することでほんの少し気持ちが軽くなることがあります。

    小さな美容室も、そんな場所でありたいです。
    髪を切るついでに、成り行きで吐き出したり受け止めた言葉の中で、気持ちがほんの少しでも温かく、軽くなる場所でありたいです。

    私達が出来ることは、
    ただ話を聞いてうなずいたり、一緒に笑ったり、一緒に悲しんだり、お客様と一緒に時間を共にすることだけです。
    たったそれだけのことを、大切に考えています。
    時間は、永遠じゃない。
    いつか急に止まってしまうこともある。
    忘れてしまうこともある。
    だからこそ、ただ一緒に過ごせるその瞬間を、大切にしたいです。

    「スッキリして軽くなりました」
    カットした分だけほんの少し、軽やかになった笑顔で帰って行かれたお客様。また来月お会い出来ることを心から祈ってお見送りしました!

  • 「「好き」は世界を広げる」

    近所の緑道に咲く綿毛のたんぽぽが、風に吹かれて新しい場所でがんばれと言わんばかりに種を飛ばしている今日この頃。
    趣味の茶道を楽しむU様がカットにいらっしゃいました。

    今日は1月ぶりのカット。初めてカットを担当させていただいた際、お茶のお稽古をずっと続けていらっしゃったことを伺いました。
    「大体3ヶ月に一度くらいのペースになるのかな」とのことで、
    先日行われたというお茶会のお話を拝聴しつつカットを進めていきました。
    耳周りや襟足はスッキリと短めに、顔まわりやトップは後ろに流しやすく。白髪と黒髪でカットラインの出方が変わるため、馴染みやすくなるよう心がけました。

    そんなU様、お茶を習われたことがきっかけでお茶碗や器にも興味が広がり、世界が広がったそうです。
    「好きなことから世界がたくさん広がりましたよ」
    楽しそうにお話してくださるU様を見ているだけで、何か新しい趣味を見つけたい!という思いが湧いてきました。

    好きなことは世界を広げる。

    当たり前のようだけど、
    本気で楽しんできた方の言葉はパシッと心の真ん中に届くような、説得力を感じます。

    今もその世界の中で楽しむU様を見送った帰り路、1日体験教室を検索しまくる世にも浅はかなスタッフでした…。

  • 「ありがたい」

    あっという間に葉桜になった木を見上げながら、しまったはずの上着を引っ張り出した先日。
    いつものように施設様におじゃましてきました!

    今日は「ありがたいねぇ〜」が
    口癖のI様。
    以前からずっとカットにいらっしゃっていただいています。
    当初はしっかりと自分の足で歩いていらっしゃったのが最近は車椅子に座られるようになりました。
    自分で歩いていらっしゃる時も、車椅子でいらっしゃる時も、I様はいつも変わらず、明るい笑顔で「ありがたいねぇ〜」とおっしゃってくださいます。
    「髪が少し伸びてきたからねぇ。スッキリしてもらえてありがたいねぇ〜。」
    「今日のお昼ごはんも美味しそうでしたよ。ここはいつも美味しいからねぇ。ありがたいねぇ〜。」

    「ありがたいねぇ〜」の言葉のシャワーを浴びながらI様のカットを進めます。
    I様のカットで大切にしているのは清潔感です。
    伸びてくると後頭部が絡まったりしやすくなるので、後ろやサイドも出来るだけスッキリと短く刈り上げます。
    前髪は立ち上がる癖があるので、それを生かしてカット。
    施術後は私達こそ「ありがたいです…」と手を合わせたくなるような幸せな気持ちになります。

    I様はただいつも通り、色んなことに「ありがたい」と思う気持ちを言葉にしていらっしゃるだけだと思います。

    でも
    「ありがたいねぇ〜」って、
    「ありがたいねぇ〜」が口癖になっていらっしゃるって、なんて素敵なんだろうと思いました。きっと、これからもずっと周りの人やもの、コトに愛される方なんでしょう。

    いつか歳を重ねた時、わたしも「ありがたいなぁ」と思う気持ちが口癖になるような人間になれるだろうか。
    あんなに感謝が溢れる笑顔で毎日笑っていられるのかな。
    …。
    少し、未来の自分に不安を感じた午後でした。笑

    before

    after

  • 【誕生日と気になる頭のかゆみ】

    先月のホワイトデー、
    綺麗な白髪に短めのショートがお決まりのM様がご来店くださいました。

    高い身体能力をキープし続けていらっしゃる M様、御歳90歳のお誕生日でいらっしゃいました。

    「今日ホワイトデーでしょ。それから私の妹はね、2月14日でバレンタインデーなのよ。」とM様。
    そんな偶然があるなんて。小さな奇跡は色んなところに隠れているものなのかもしれません。

    そんなM様、誕生日の話も早々に切り上げ最近気になるとおっしゃる頭皮のかゆみのお話に。

    記念すべき誕生日にも、主張を忘れない頭のかゆみ。まったくの厄介者です。

    そんな厄介者のかゆみですが、M様の場合はこまめに洗髪もされており頭皮も綺麗です。少し皮膚が剥がれてフケが出ていることから、おそらく乾燥の可能性が高いのではとお話しました。

    乾燥からくる頭のかゆみの時は、シャンプーでゴシゴシこすらず、まずよくお湯で汚れを落とすこと。
    そして優しくシャンプーするのが、オススメです。
    シャンプー後に専用のスキャルプ剤や保湿剤を付けるのが主流ですが、お手元に何もなければシャンプーの最後に水シャワーで皮膚をクールダウンさせるのも、炎症を抑える効果が期待できます。
    頭皮は身体よりも温度を感じる感覚が少し鈍いけれど、決して身体がビックリしない温度でやりましょう!

    そんな話をさせていただき、楽しくおしゃべりさせていただいるうちに今回もあっという間にお帰りのお時間になっていました。
    「素敵な誕生日をお過ごしくださいませ!」
    スタッフは笑顔で手を振り、M様の1日の始まりをお見送りしました。

  • 【お客様に寄り添って】

    本日は港区の施設へご訪問でした!

    毎月、定期的にメンテナンスに来て下さる、オシャレなH様。

    毎回、「今日はここを少し長めに残してもらうのはどうかな」「でもここはいらないんだけど」といった要望をおっしゃって下さるので、それを一緒に考えながら、毎回少しずつ変えているカット。

    オシャレなH様は、毎日のヘアスタイルの仕上がりにもこだわり、技術者と一緒に、毎日のブローの方法も試行錯誤しています。

    お客様おひとりおひとり、ヘアスタイルへのこだわりや悩みが違います。
    お客様の気持ちに寄り添って、ヘアスタイルと共に、『小さな美容室』が皆様の毎日をほんの少しでも元気で楽しいものにできたらと思っています。

    H様、今回はいかがでしたでしょうか…
    1ヶ月後、結果を聞きに、また来ます!

  • 【エネルギーをくれる場所】

    本日いらっしゃってくださったのは、いつも元気なT様。
    信じられない若さで颯爽と登場し、笑顔を見せてくださいます。

    「短いのが好きなんです。少し伸びると気になっちゃって!」と、お似合いのベリーショートを今回もメンテナンス。
    カットした髪の毛をシャンプーしたら、
    トリートメントをつけて、指を通します。
    シャンプー後、「すごく気持ちが良かった。何だかエネルギーをいただいた気持ちになりました!」と、とても喜んでくださいました。

    お話上手なT様とは、カット後もトークが続いてしまうこともしばしば。
    「長居しちゃってごめんなさいね、楽しかった!」「こちらこそ楽しくてお引き留めしてしまって申し訳ございません!」またお待ちしていますと心を込めてエレベーターまでお見送りしました。

    エネルギーをもらえる場所。
    なんて恐れ多いです。
    私たちこそ、お客様にいつも元気をいただいています。
    でも、そんな風に思ってくださったことが、すごく嬉しかったです。
    「エネルギーをもらえた」
    「楽しかった」
    これからもそんな言葉を一人でも二人でも多くお客様からいただけるように、
    私達はこれからもサービスを提供していきたい、改めてそう感じさせていただく機会になりました

    before

    after

  • 【カットは二人三脚】

    本日は港区の施設にお邪魔してきました!
    来てくださったのは、ダンディーなお声の持ち主H様。話し声についつい耳を傾けてしまいます。

    前回のカットの後、髪がどんな様子だったかを教えてくださいながら、
    あーでもない、こーでもない、と担当スタイリストと毎回スタイルを決めていくのがH様流。

    「ここをこうしましょうか?」「いやでもここはこうしたくて…」押し問答の末、今回のカットの方向性が決まりました。
    スタイリストはハサミをせっせと動かしながら、時折長さなど細かいところを確認しながら進めていきます。

    カットは二人三脚。
    お任せで、と言ってくださるお客様とも、
    色々ご相談しながら決めてくださるお客様とも、
    小さな美容室では、お客様の気持ちを大切にして、カットしています。
    独りよがりな施術でなく、お客様と二人三脚で。

    「どうもありがとう。じゃまた来月。」と手を挙げ笑顔で帰って行かれたH様。
    来月はどんなカットになるかな?今回のカットはどうだったかな。
    来月またお会い出来ることを楽しみに、後ろ姿を見送るスタッフでした!

  • 『ご夫婦揃ってヘアチェンジ』

    桜のつぼみが膨らみ始めたこの日は、世田谷区の施設様へご訪問させて頂きました。

    ご夫婦揃ってご利用下さったY様。
    ご主人様はお顔剃りもしてさっぱり、奥様は素敵なボブスタイルに仕上がりました。

    「5人のひ孫さんから、”おおばあちゃん”と呼ばれているの♪」と、嬉しそうにお話しして下さった奥様、笑顔がとっても素敵でした。

    この日は、20名近くの方にご利用頂きました!
    暖かくなり、お散歩も心地よい季節になりました。
    皆様、お散歩やランニング・お洒落なスカーフで、春本番を楽しみにしています♫

  • 【3回目のご予約をいただきました】

    先日、産後1ヵ月から利用してくださっているT様から3回目のご予約をいただきました。
    初めてお目にかかったあの日、小さな小さな赤ちゃんだったお子様も、今回は一緒にカットのご予約をいただきました。

    小さな美容室では、産後のお母様の為の出張カットに必ずスタイリストとシッター兼見守り役として、子育て経験のあるスタッフが付き添います。
    お母様が施術している間、お子様を1人きりでお待たせすることはありません。

    毎回T様が驚くシッター技を織りなし、T様の施術の間は今回も、Hちゃんはスタッフの腕の中でいつの間にやらすやすやと寝息を立てておられました。

    T様の施術の後はHちゃんのカット。
    起きている間にカットしてみたものの途中から全力で拒否されてしまい…眠ってくれた間に仕上げさせていただきました。

    春からお仕事に復帰されるT様、また新たな、目まぐるしい毎日が始まり、息つく暇もないような忙しさに天を仰ぐ日もあるかもしれません。

    いつも頑張るお母様を、そしてお子様を、小さな美容室は応援しています。

    はじめて笑いかけてくれた日。
    はじめて「ママ」と呼んでくれる日。
    どうかそんな一瞬一瞬が、大変な毎日に優しい光を照らしてくれますように。
    T様とHちゃん、そしてご家族の皆様に
    たくさんの笑顔が溢れる日々になりますように。
    そんな祈りをこめながら、感謝の気持ちを込めて、最後の日の、玄関の扉を閉めたスタッフでした。